ウィルチェアファミリーチャンネル

当ブログにご訪問ありがとうございます! 【wheelchair family channel 】ウィルチェアファミリーチャンネルです。 車椅子ユーザーでも臆せずパパママになれる社会にむけての情報をメインに発信しております。当たり前ですが、車椅子ユーザーでも家庭を持って子育てができます。 少しの工夫をみんなで共有して大きな愛のある生活を手に入れませんか?

パパ♿の膝はいつまで乗れる?


次男の離乳食が思うように進まず、
ふと「飢饉の時に離乳食やったら親たまらんぞ。」「古代人は離乳食どうしてたのよ」なんてことが頭を過り、
海外の離乳食事情を調べたら勇気が出てきたのりちゃんです。

もしも離乳食で悩んだら、
他の国の常識を見てみてください。
よくわからん勇気が出てくるかもしれません。

さて皆さんのお子さんは、
何歳まで外出中に抱っこをせがみましたか?

5歳?6歳?それとももっと?

20キロを超えると
抱き抱えて歩くのは難しくなりますよね。


ですが我が家の長男(小2)は
外出先でいまだに父の膝に飛び乗ります。

20キロ超の7歳児はいまだにパパ♿️の膝が大好き

「枯木のような夫の足は
その重量に耐えれるのか?」

とわたしは思うわけです。


昔、SNSで親交のあった脊髄損傷の方が
骨折したと言っておられました。

どうしたの?と聞くと
子どもを膝に乗せてたら折れたと…。

麻痺した足の骨密度が低下してる人も多い脊髄損傷。


なんてことがあったから、大丈夫なの?と思ってしまうのですが
人混みでも、子どもと手を繋ぐことが出来ない車椅子ユーザーにとって
手っ取り早く子どもの安全を確保できる方法が
膝に載せるなのかもしれませんね。

小さい頃の抱っこの経験も
なかなか、立って歩ける親のようにはできないことも多かったから
その分をお互いに
思う存分膝の上でスキンシップをはかって取り戻しているのかもしれませんね。


とはいえやはり、膝に子どもを乗せる行為は
リスクも伴います。


親側も子側も乗りなれていなければ
危険だと思います。

子どもは予測不能な動きをします。

車椅子の動きや、親の操作のくせを
成長とともに
体で覚えてるからこそ阿吽の呼吸でできることで

たとえば我が子を乗せ慣れている夫でも
乗せたことの無いよその子をはじめて乗せたら
きっと
キャスター上げ(ウイリー)も坂道下りも
数センチの段差越えも難しいでしょう。

(車椅子ユーザーの子ども同士を入れ替えたらどうなるでしょうね?)




お互いの安全を気をつけながら
膝乗りを楽しめるといいですね!

たしかみっちゃんのとこも
次女ちゃんが小2の頃、膝に乗ってたような???

車椅子のパパ・ママさん、
お子さんは何歳まで(何キロまで)
膝に座っていましたか?




次男がおすわりできるようになり、
そろそろパパの膝を弟に譲って欲しい母なのでした。
(赤ちゃんも7キロ超えるとだっこが重たいっ)


あとこれだけはいいたい。
それぞれに事情があって、その形をとっていますから
車椅子ユーザーの膝に座る子どもへのネガティブな声掛けはお控えください。

それでは感染症熱中症には十分注意して
皆様よい夏休みを!

ヒヤリハットは突然に


先日わが家で
ヒヤリハットな出来事がありましたので
注意喚起の意味で記事にしておきます。

ずり這い移動をはじめた次男、
夫と長男が入浴中に洗面所までずり這いでお散歩し
停めてあった空の車椅子の下に突入したようです。

タイヤとキャスターの間に頭がはまり
身動きが取れず大泣き。

すぐ救出できたのでケガなく済みましたが
もし車椅子の親と二人きりだったら?

この状態では車椅子に乗り移ることもできないし
子どもも自力では出れなかったと思います。

この幅、赤ちゃんの頭がちょうどすっぽり入る幅ですので
車椅子で育児中の皆様、これから育児にのぞまれる方、
どうぞお気をつけください。


車椅子と暮らす赤ちゃんや子どもをお持ちの皆様、
ヒヤリハットな出来事がありましたら
ぜひぜひこちらにリプライで教えてください!

誰だって“できる”がいい

次男の離乳食がはじまり、バッタバタののりちゃんです。


7歳差育児の大変なとこは
小学生の習い事の送迎や学校行事に
赤ちゃんを合わせなきゃいけないこと。

おかげで次男は規則正しく、
7時には目が覚め、20時には眠くなるようですが
気持ちよく眠っていても、授乳の途中でも
送迎に駆り出されて
赤ちゃんも大変だろうなと思うのです。

寝返りや、ずり這い
ゴロゴロと移動するようになった次男。
もうベッドやソファに寝かせられなくなり
床生活に移行。

車椅子の夫との距離が少々遠くなりました。

お座りができるようになれば
外出時に夫に抱っこしてもらうこともできるようになるでしょうから
それまでは1日1だっこで父子のふれあいをしてもらえるよう
心掛けて行きたいと思います。




我が家の離乳食生活も3週間目を迎え、
タンパク質がはじまりました。


離乳食の椅子もなかなか汚れてきて
「どうやって洗うのよこれ…」とブツブツ言いながら
解体作業をしていた今朝。

固いボタンを外して、パイプのポッチを押しながら回して
力を入れてパイプから布を引き剥がして…

ふと思うのです。

これを上肢に困難さ、不器用さを抱える親はできるのかな?と。
発達障害で体の使い方が不器用な私にはなかなかストレスのかかる作業でした。

洗って乾いたらまたはめるのか…と思うとちょっと億劫です。
できれば夫にお願いしたいのがホンネ。

離乳食に納豆をはじめたら、
頻繁に洗いたいのだけれど
解体に慣れるまでは、洗える自信があまりありません。

手入れしやすい育児用品を選ぼう


ベビーチェアで離乳食を食べさせるためには
座らせるための一連の動作が付帯します。

赤ちゃんを抱き上げる→赤ちゃんを椅子に入れる→固定ベルトをしめる→エプロンをつける→離乳食を用意する→離乳食を食べさせる→エプロンを外す→汚れた手や口を拭く→床やテーブルを拭く→椅子を拭く→赤ちゃんのベルトをとる→赤ちゃんを椅子から抱き上げる→安全な場所に移動させる→念入りに顔や手を拭く→必要なら着替えさせる→テーブルや床を片付ける→椅子を拭き、必要なら解体して洗う


赤ちゃんに離乳食を食べさせるためには
養育者はこれだけのことをする必要があります。

つまり、食べさせるという行為だけでなく
そこには手入れや後片付けも必ず付帯するのです。
手入れも含めて、生活であり育児です。


ですから、育児用品を選ぶ際には
障害や困難がある場合は特に
手入れのしやすさは大切なのではないかなと感じます。

しかしながら、簡単に外れやすいものを選ぶと
赤ちゃんや子どもにも容易に外せてしまうことがあるため注意が必要です。

赤ちゃんも障害のある人も
困難さを抱えていて
動作に不便があるという視点で見れば似ています。

障害のある人に使いやすいものは
赤ちゃんにも突破しやすいかもしれません。


離乳食を食べさせるというと
離乳食を作って、口に運ぶことだけを想像しがちですが

赤ちゃんは
大人の予想を遥かに上回る散らかしっぷりを見せてくれます。
(個体差あり)


後片付けや手入れも含めて育児です。
見た目で選ぶと、買い直す必要性や後悔することもあるかもしれません。


尚、長男の時はイスタイプになってるものをお古でいただき使っていました。
汚れたら外で丸洗いしていましたが、
それはそれで手入れのしやすさと運ぶ労力とがあり
楽なような、大変なようなでした。


ビーフードを取り入れて時短

長男の時に比べ、
離乳食でベビーフードを使うことに対する社会の目が変わってきたと感じます。
「実は言い出しにくかったけど、お粥は全てベビーフード使ってます。」
という声も周りでちらほら聞くようになってきました。

離乳食作りは食べさせるの同様にとても手を取られます。
初めのうちは全てブレンダーやすり鉢ですり潰さなければならないし
上肢障害のある方は手作り離乳食にハードルを感じることも多いかもしれません。

障害があるととにかく日常の生活に時間をとられます。
障害があると時間が無い!ほんとに無い!
(これには障害の種別は問わないのでは無いでしょうか?)

長男の頃には手作りしない親はダメだよね?とまだ私自身がベビーフードに抵抗を感じてしまっていましたが
次男の育児には手作り+ベビーフードと組み合わせて
時短することに罪悪感を持つ必要性を感じなくなりました。

離乳食は水分が多く、この時期は腐敗しやすいも
ビーフードは子どもにとっても衛生的で月齢にあった味付けや形状のものを提供され、
良い面もあるなと最近は考えています。


離乳食フィーダー

最近は離乳食フィーダーというものがあり、
離乳食が散らかりにくいとのことなので
そういうものを利用するのも手です。

ただ、赤ちゃんによって合う合わないがあることと
離乳食をセットする際に指でツマミをパチッとしなければならないため
離乳食のセットは障害の程度によっては誰かに
お願いする必要があるかもしれません。


うちの子は振り回したり押し付けたりするため
かなり散らかります。
離乳食のセットも私にはなかなかイライラする作業です。
スプーンタイプもあるようなので、そういうものならまた違うかもしれませんね。


育児にもサポートを!


育児グッズのデザインも
誰もがより手入れしやすく、使いやすく
ユニバーサルデザインをどんどん取り入れていってほしいというのが私の願いです。

そしてユニバーサルデザインでは包括しきれない、専門的なものや専門的な動作獲得が必要な層には
理学療法士作業療法士さんのサポートが入る仕組みも
困難さを抱える人たちの育児支援として
存在して欲しいなと思うのです。



赤ちゃんの手の届かないところは
車椅子ユーザーの手も届かないところになってしまうし
赤ちゃんが行けないようにしようとすると
車椅子ユーザーの行動を阻むことにつながったりもしますから
赤ちゃんに突破できず、障害や困難のある人には使いやすいというのはなかなか難しいなとは思いますが。

全ての人に“育児できる”環境(道具も含め)であってほしいと思うのでした。



こうして書いてるうちにも
何度も次男が画面を弄り、下書き保存してないまま消えてしまったり
片腕の中で眠くなって大暴れで
何を書いているのかだんだんわからなくなってきました。
本日もバッタバタです(笑)
ではまた。

美味しいアイスクリームが食べたい

こんにちは、車椅子ママのみっちゃんです。

日に日に湿度と気温が上がり、ちょっとバテ始めました。

週末、どこにもいく予定がないとき、ふと

「アイスが食べたい!!」

と思い立ち、とあるお店に行ってきました。

 

東京町田にある、

東京みるく工房ピュア・ice cream factory PiPiさんへ。

 

おすすめポイントは、

  • ミルクを使った美味しいアイスが食べられること
  • 駐車場が広く、優先駐車場が1台あること
  • 多目的トイレがあること

 

屋外のテーブル席と、屋内席もあります。

周りが自然豊かなので、夏の時期は暑いかもしれませんが

今の時期は外でも気持ちが良かったです。

 

一台ですが、優先駐車場がお店のすぐそばにあり、

トイレも駐車場の近くにあります。

 

ベビーベッドは確認できなかったのですが、

トイレがあるのは子ども連れや車椅子ユーザーには

ありがたいポイント。

 

可愛らしい赤い建物が目印です♪

 

これから暑くなる季節に、

子どもを連れて行ってみてほしいお店です。

どうしようPTA活動!!

え?待って。
もうGWが終わるの?
おかしいおかしいおかしい。

時空が歪んでる?

どうものりちゃんです。

本日は季節はズレますが
2月に書きかけていた記事をお送りしたいと思います。


コロナ禍でPTA活動も縮小されているとはいえ、
無くならない活動があります。
今日は小学校の旗振り当番でした。

この地域では朝の登校の際、
必ず誰かしら大人が大きな交差点に立って
子どもたちが渡るのを見守ります。

f:id:WheelchairFamily:20220208123517j:plain


当番制で自動的に日にちを決められるので
夫婦で話し合ってどちらが行くか決めるのですが
入学前から私が妊娠中だったためこれまでずっと
夫に任せていました。

車椅子の夫がパパとして
PTA活動をしてるのを当たり前の事として
みながら過ごす子どもたちの感覚は
きっと私の世代の人たちとは異なったものとなることでしょう。

障害のあるひとは
社会の中で生活しています。
(それが叶わない人も当然居ます。)

それを当然だと思う世代もあれば
びっくりする世代もいます。

中には「大変なんだからママがやらなきゃ」という価値観の人もいます。
それをあからさまに口に出す人もいます。

それはさておき、現在は
子どもがいる限りPTA活動は強制参加の地域が多いのではないでしょうか?

Twitter上で、「病気で免除を申し出てもダメだった」や「ガンで免除をお願いしたらみんなの前で病名を言わされた」という投稿を見かけましたが
障害もまた然りかもしれません。

私たちは「自分たちは親だしそれがルールなら出来ることはできる方法でやるしかないですよね」という考えなので
特に免除や軽減を申し出てはいません。

できる方がやるしかない!

雨だろうが雪だろうが当番の日が回ってくるので、今回は雪の日に当たりました。

さすがに積雪があると車椅子では身動き取れないどころか、まず交差点にたどり着けないため
今回は私が街頭に立ち、夫は家で赤ちゃんを見ながら出勤準備をすることにしました。

車椅子で旗振り当番をする際大変なことは
・当番後は出勤なので朝の排泄をカットしないと支度が間に合いませんでした。
・旗を持ったままの移動はなかなか大変です。
・旗を翌日の当番の方のお宅に回すのが出来ません。(インターフォンに届かない)
・傘が差せない、風の煽りを受けやすいので風雨の日は大変。
・雪の日はまずたどりつけない。

私は私で、未経験のことは見通しがつかず苦手・細かく指示がないとどう動くのが正解か判断できないという特性があり
前日に子どもと夫に詳しくやり方や立ち位置をレクチャーしてもらい
何とかこなしたのでした笑

f:id:WheelchairFamily:20220208123311j:plain




【新車レポート】車椅子ママの車選び、重要視したのはココ!

車椅子ママのみっちゃんです。

f:id:WheelchairFamily:20200423084459p:plain

私の愛車はTOYOTAのBbという車種なのですが、

上京してきてから現在まで乗り続けています。その年月、なんと19年。

 

なぜかというと、

・古くてもまだ乗れるから

・乗り慣れていて他の車に乗り換えたくないから

 

でも、もうそろそろ壊れてしまうことも考えておかなくてはいけません。

私は手動運転装置が付いた車しか、運転できないのだから。

 

 

ということで昨年末、重い腰を上げて、

昨年末にやっと車を購入いたしました。

 

夫のミニバンが10年を越え

そろそろ買い替え時だったということもあり

Bbはとりあえず名義を私から夫に変更し、

新しく購入する車を私名義にすることに。

 

 

車椅子と家族5人が乗れて、かつ私が運転できる

絶妙な大きさの車。

 

ホンダのステップワゴンにしました。

 

 

 

ステップワゴンを選んだ理由は3つ。

 

  • 7人乗りなのにコンパクト
  • トランクが横開き
  • 値段がお手頃

 

トランクにこだわりたいと思った理由

f:id:WheelchairFamily:20220331224805j:plain

その中でも特に私が重要視していたのが、トランクの開き方です。

ステップワゴンのわくわくゲートというのが素晴らしい。

 

縦にも開くし、横にも開く。すごくないですか!?

 

車椅子ユーザーにとって、トランクは一つの鬼門といいますか、

そのまま開けると手が届かないところまで上がってしまう。

 

そう。縦開きのトランクは、

紐などを垂らしておかないと、

いざ閉めようにも手が届かないんです。

(最近は電動のバックドアもあるようなので

心配するほどではないかもしれませんが)

 

ただ、私の場合、今までトランクはほどんど開けませんでした。

たくさん荷物を積む用事もなかったし、

ひとりの時なら、

助手席や、後部座席の足下に荷物を置いていました。

なのでトランクを使うことは少なかったです。

 

それでも何かを積み下ろしする時には、

横開きがいいなあと思っていたので

ルノーのカングーや、

ミニクーパークラブマンが観音開きのトランクなので

いいなあと思っていました。

結局それらは今回の選択肢に入ることはなかったのですが、

子どもが大きくなったら

次はこういう車がいいなと思っています。

(残念ながらカングーもモデルチェンジしてしまい

観音開きでは無くなったようですが。泣)

 

 

運転座席の高さは試乗して体感することがおすすめ

f:id:WheelchairFamily:20220331224859j:plain

運転座席の高さは車椅子の積み下ろしに影響する大事なポイント。

実際に試乗車に乗り、車椅子を乗せられそうかどうか、

これはもう体感で判断するしかありません。

試乗車なので、傷をつけるわけには行かないので

これはもう長年の感覚で

いけそうかどうか判断しました。

 

私は、車椅子を運転席ドア側から持ち上げて、

体の上を通過させてから、

斜め後ろの後部座席に乗せます。

f:id:WheelchairFamily:20220331224926j:plain

 

その他には、

後部座席のドアも開けて畳んだ車椅子を入れる。

車内にリフトをつける。

オートボックスをつける。など、

車に車椅子を乗せる方法はいくつかあります。

 

洋服や車内が汚れるので、できれば私も

後部座席のドアを開けて入れられるようになりたいところ。

ちょっとステップワゴンでは高さ的にむずそう・・

f:id:WheelchairFamily:20220331225004j:plain

(すぐ手に取れるお掃除グッズがあると便利。)

 

 

車椅子ユーザーが運転するために必要なもの

f:id:WheelchairFamily:20220331225200j:plain

足が不自由な私が車を運転するには、

が必要です。

(障害の状況によって他に必要になるものも。

私の場合の、車を運転するのに必要最低限の3つです)

 

手動運転装置

昨年HCRに足を運んだ際に、

フジコンさんのブースに行って

実機を見てからこれにしようと決めました。

 

ほかにもイタリア製の手動運転装置がありましたが、

車販売業者の勧めや予算の関係もありフジコンさんに決定。

 

手前に引くことでアクセル、

押すことでブレーキがかかります。

微妙な力加減が必要なので

慣れるまでに少し時間がかかりました。

唯一不満なのが、

ウインカーが横についているので

左右が直感的にわかりづらいところ。

これも慣れてくれば平気なのでしょうが、

まだ「手前は右、向こう側は左・・・」と

頭で考えながら操作しているところです。

 

ハンドル旋回装置

車を運転する際には

左手はアクセル&ブレーキなどの操作、

右手はハンドルとウインカー操作なので、

ハンドル旋回装置はあるに越したことはありません。

(運転免許を取りに行った先の教習所の車にはついていなくて、

よくそれで公道を走れたなと、今になって思います)

 

サイドブレーキ

手で押し込むことでサイドブレーキをかけられるように

サポートバーをつけています。

 

 

おわりに

ステップワゴンは最近モデルチェンジしたとのことで、

同じタイプのステップワゴンは取り扱いがないようですが、

中古車選びの参考くらいにならなるかと思います。

新しいステップワゴンには、

私が欲しかった機能の一つの「わくわくゲート」がないようなので

モデルチェンジする前に購入して良かったです。

妻ピンチ!重すぎて運べない問題

給食も先週で終わり。

物価もどんどん上がっていく中、

さぁどうしようか?昼ごはん。


納豆ご飯でいいかなぁ?

 

どうものりちゃんです。

 

f:id:WheelchairFamily:20211217103900p:plain

 

長男ももうすぐ2年生。

早いですね、保育園ロスに陥ったのももう1年前のこと。

 

通りで大きくなるわけです。

ですがまだまだ中身は子ども。

昨夜は遊び疲れて珍しく9時過ぎに、

リビングのカーペットの上で眠ってしまった彼。

 

こんなところで寝てしまったら風邪をひくよ!

と抱き上げようとしたら持ち上がりません。

 

こんな時、みなさんはどうしますか?

「ねぇパパァァァ、寝ちゃったからベッドに運んで」

と呼びますか?

 

それとも子どもを起こしますか?

起こそうと試みますが起きません。

 

車椅子の夫は床にある重いものを持ち上げることはできません。

寝てしまった場所がチャイルドシートでも同じです。

 

これまでずっと私が抱き上げて移動させてきましたが

長男が20キロをゆうに超えた今、

ぐったりと眠っている脱力した彼を

抱き上げることが出来なくなってしまいました。

 

成長に伴い、これまでのやり方が通用しなくなるのは

車イスユーザーの育児のあるあるです。

 

同じように車イスユーザーをパートナーに持つ人も

子どもの成長に伴い“詰み”になる瞬間があります。

 

車イスユーザーができないことは、できるパートナーが代わることもできますが

車イスユーザーにできない力仕事や高所作業で“詰み”になると

代わってもらう人がいません。

(外部に頼るしかない)

 

なんとかソファに引きずりあげることができたため

毛布をかけてソファで寝かせれましたが

もう少し大きくなったらそれも難くなるでしょう。

 f:id:WheelchairFamily:20220315095343j:plain

シングルマザーの方、ワンオペ育児のママさんもきっと似たような経験があることでしょう。

みなさん本当にどうされているのやら。

 

自分ができなければ、代わってくれる人はいない。


自分ができなければ、子どもが風邪を引く(不利益を被る)かもしれない。

「私が頑張らなきゃ……」

この思考から抜け出すのは、まだまだ難しいのかも知れません。